はじまり、はじまり

書くことから逃げ回ってきたが、ここらで観念して向き合ってみることにした。